2017年07月28日 23:21

時間を使うということ

こんばんわ。就労移行支援事業所スリーエーサポートです。

今月も最終の金曜日ですね。プレミアムフライデーで、贅沢な時間を過ごされる方もいらっしゃるかと思いますが、普段は仕事であってもこの時間だけは特別なのだと感じることができると、余暇も充実したものになるかも知れませんね。

さて、プレミアムフライデーに限らないことですが、休日はどんな過ごし方をされるのか。人それぞれの過ごし方がありますが、買い物にでかけたり、映画を見たり、なかなか読む時間のない本をじっくりと読んでおられるかも知れません。

時間は、みなさんどなたであっても1日24時間だと思います。生活の中で働く時間があると、休日以外は決まった時間働く方がたくさんいらっしゃると思います。しかし、休日は仕事がお休みなのですから、仕事と、その通勤にあてる時間を他のことに使うことができますよね。この時間は、働いていてできない事をするだけの時間ではありません。

リフレッシュをする時間としても、スキルアップをはかる時間としても、趣味活動にあてる時間であってもよいわけです。休日になにも考えず、ずっとゆったりとした時間を過ごすこともたまには必要なのではないかと思います。予定通りでなくても、予定通りであっても、時間の使い方次第で、生活に張りが出る。仕事にも集中することができたり、非常に大切な時間であると思います。

1日1日、同じ時間は過ごせません。一人で過ごす時間、家族で過ごす時間、いろいろな時間があると思います。時間を使うことは、前に進むことだと思っております。たくさんの選択肢を選びながら、止まることなく進むのですから、1年に1回くらいはそんな時間を見つめなおす時があってもいいのではないかと思います。

これからが夏の本番ですが、熱中症にはお気を付けてください。

本日の投稿は、所長 酒井が担当いたしました。
就労移行支援事業所スリーエーサポート
就労移行支援事業所スリーエーサポート  


Posted by スリーエーサポート │コメント(0)

2017年07月24日 23:55

話しても伝わらない?ならば目的を早めに伝えよう

こんばんわ。就労移行支援事業所スリーエーサポートです。

暑い日の中でも、急に雨が降ってきてすぐにやんだりしますよね。傘が必要なのか、必要でないのか?とても悩むことが多いです。降水確率は20%くらいだったのに、一体いつ頃、どの程度の時間雨が降って、どのくらいの量の雨が降るのかよくわからない。本当の天気を知りたいと最近特に思います。

今日は、人と会話をする事で、何かを伝えたいのにうまく伝わらないことがある。それを書いてみたいと思っています。

※前提会話をする相手が一人だったとして、目的を最後に伝える事とします。

Aさん「今日は雨が降りそうだったから、天気予報を見てきたんだけど、晴れのマークだったのに雲行きが怪しいよね」

Bさん「そうだね~。雲行きが怪しいね」

Aさん「今日、お昼休みにこの間教えてくれたところへ食べにいくんだけど、どうかな?」

Bさん「うん?一緒に食べにいくの?」

Aさん「え?いや・・・そうではなくて、お昼休みは雨が降るかなと思って」

Bさん「ああ、そうだよね。もしかしたら降っているかもしれないね」

Aさん「Bさん、傘は持ってきてる?」

Bさん「今日は持ってきていないけど、車には折り畳み傘があるかな」

Aさん「そう・・・」

Bさん「・・・???あ、雨が降ってきたみたいだね。お昼休み中はずっと雨が降ってると嫌だね」

この後、Aさんは傘を借りたいことをBさんに伝えます。Bさんは、それならそうと早く言ってくれればよかったのに※注1と車に取りに行ってくれたようです。

さて、AさんはBさんに傘を借りたいと最後に言っています。この会話で、Bさんに傘を借りたいと初めに言っておくともっとよかったのかも知れません。何故なら、Bさんは※注1のコメントをAさんに伝えています。

会話は、とても難しい時があります。本当はいつから目的を伝えたかったのか?最初から伝えたい時があったのに、いろいろと遠回しに聞くと、相手に伝わりにくいことがあります。

目的は初めから伝えること、またはなるべく早い内(会話が始まった頃)に相手に伝えておくとスムーズな会話ができるかも知れませんね。

ちなみにこの記事では、文章がくどくど書いてあって分かりにくいじゃないか?と思われているでしょうか?この記事の目的は、目的を早く伝えることを伝えたいと思って書いてあります。それは、ブログのタイトルの事なのです。

記事はコミュニケーションのカテゴリにあって、ブログのタイトルで、目的を早めに伝えようと考えてつけたものです。

私自身が、まず守って会話をしていきたいと考えています。コミュニケーションの中で、目的はとても大切なものですので、癖付けをしたいものですね。

本日の投稿は、就労支援員の矢藤が担当しました。

AAAサポートバナー
就労移行支援事業所スリーエーサポート
  


Posted by スリーエーサポート │コメント(0)

2017年07月20日 07:46

生活の中にある時間

こんばんわ^^就労移行支援事業所スリーエーサポートです。

今日は特に蒸し暑く、寝苦しい夜になっていますね。体調の管理も難しくなってきますが、夜間の熱中症だけは気を付けていきたいと思います。

さて、今日は生活の時間について投稿してみたいと思っています。

1日は24時間ありますよね。その時間のおおまかな区切りをつけてみました。
①睡眠
②仕事(家事をされる主婦・主夫の方をここに含みます)
③その他の生活

この3つの時間帯に分けてみました。①の睡眠は、人それぞれに適した睡眠時間があると思いますが、7時間程度とします。仕事は8時間を基本とします。残り9時間あるのですが、ここに通勤(往復1時間)を含めました。

さて、その他の生活の通勤時間を除けば8時間の時間を使って、毎日の朝と晩の食事をして、入浴や、通勤前の支度などを行います。よほど時間の変更がない限り、4時間程度は時間が使えるのではないかと思って書いてみました。

4時間、毎日何をしているのだろうか。テレビを見ているでしょうか。新聞を見ているでしょうか。スマホを使っていたり、パソコンを使っていたり、好きな事をできる時間があると思います。

生活時間グラフ


しかし、残業があったらどうでしょうか。生活の時間帯が少しずつずれてしまっていたり、おひとりで暮らしている方は、この時間に炊事・洗濯を行ったりしていると思いますが、自由な時間が減ってしまうのが分かります。

生活の時間帯は、必要でなければ変えない事が望ましいです。生活の中での時間が減ることは、体調を崩してしまったり、寝不足に陥ってしまうと、なかなか体の疲れも取れなくなってしまいます。

基本は、毎日同じ時間に起床し、通勤の時間も、勤務時間も定時間が望ましいかと思います。                        

ちなみに、テレビを見ていた時の話で誠に恐縮ですが、起床してから4時間たった頃のあくびや、眠気は眠りが足りていないかも知れないと放送されていました。暑い夏だけではなく、起きることが億劫になってしまう時間はさけていきたいですね。

就労移行支援事業所スリーエーサポートでは、まずは生活のリズムを調えることからはじめます。記事を読んでくださっている方で、やってみたいと思う気持ちがあれば、あなたの働きたい環境を、まずは生活リズムをスリーエーサポートで調えてみませんか?

今日の投稿は、就労移行支援事業所スリーエーサポートの矢藤が担当しました。


  


Posted by スリーエーサポート │コメント(0)

2017年07月15日 04:20

卒業までの道のりとその後 Aさん(仮名)の働き方

こんばんわ^^就労移行支援事業所スリーエーサポートです。

今日は、初めてのテーマです。就労移行支援事業所の中では、就職は通過点です。その通過点を迎えるまで、たくさんの想いと働き方を選択していくことは大事なことだと思っています。

さて、卒業を迎えるまでいろいろと考えることがたくさんあったなと思うこの方は、AD/HD(注意欠如多動性障がい)と言う障がいがありました。なかなか聞きなれない言葉かもしれませんが、例をあげると、椅子に座っていて足をブラブラさせていたり、作業をする時に順序がよくわからない事や、話に集中できず理解がなかなかできない事などがあります。

実際にこの方は、そうした症状の中の幾つかは見られていましたが、通所をはじめた頃には不安を抱えていることもありました。我慢をされていて、なかなか言い出せないこともありましたが、少し慣れてきた頃には自分のやってみたい事を中心にしていましたが、やってみたい事をやれていない時の不安や不満もありました。

訓練の方法は、勿論たくさんありました。その中でこれから目指す仕事に必要だと思うことは、しっかりと伝えていき、不安は小さい内に摘み取るための面談を集中的に行っていました。少しずつですが、訓練の中で出来た!と思うことは、ご本人へのタイミングを見て伝える事で、ステップをクリアしていくイメージを明確に持って頂く事が重要でした。

階段

訓練を続ける中で、ご本人への最初の施設外実習をやってみませんか?と面談をすることになりました。ご本人は実習をしてみようと言う気持ちをしっかりとスタッフへと伝えて頂けたので、ここから学んで頂くことが後に影響することになります。

はじめての実習では、簡単な作業を繰り返し行うことから始めて行きました。様子を伺う事はそう多くはありません。説明を受けて分からない事はしっかりと聞いてもらい、心配な事をしっかりと聞いて行いました。

また、ここでの作業は少し肌寒い季節にスタートしたこともあり、体調に留意しながら行う事はとても大事だったと思います。

作業は、実際に10日間程行った後に無事終了しました。本人へのフィードバックをしてたくさんのよかった事を伝えていく事ができました。

本当にたくさんの変化への対応をして頂いた事、自分達スタッフにできる事を可能な限りやっていく事で、新たなるステップを踏むことができるようになった時期であったのは間違いありません。ここからのステップは、本当の意味での卒業後を見ていく為の様々な場面を迎えていくことになります。

その一つが、ある企業への応募後、面接を経ての実質的な二次面接への返答でした。勿論採用が決まったわけではありませんでしたし、真剣に勝負していかないといけない。そこは分かっていました。

「他の方を採用することになりました」

この結果は担当スタッフへの連絡をお伝えしていたため、担当スタッフからご本人へお伝えすることになりました。残念な気持ちを隠し切れずにいましたが、ここで次に向かって進むことを伝えるのはとても酷な事であると思いました。

それから数か月も経たない頃、ある企業での訓練をしてみませんか?とご本人へお伝えしてみました。ご本人は、やってみたいと言う気持ちを伝えて頂けたので、訓練をスタートさせる為の準備をして、万全の態勢で臨まれていました。

気持ちの中では不安もあったかと思うのですが、何か月かの間での成長は、通所のスタートからの状況とは全く違いました。問題を抱えて進まなければならない事はほとんどなく、状況の確認の為現場へお伺いする事で、フィードバックを頂くところまでたどり着くことができました。

その後、面接試験を受けることになったご本人は、合格の知らせを受けて、現在に至ります。私たちスタッフは、新しい支援も始まったのだと実感しています。職場に定着すること、働き続けることは、ご本人の望んだ一番の理由に叶っていて、これからはこんな事があって就職したんだと、事業所でお話を聞く機会を作れることをできればと思っています。

本日の投稿は、所長の酒井が担当しました。

就労移行支援事業所スリーエーサポート  


Posted by スリーエーサポート │コメント(0)

2017年07月11日 00:00

やってみようかな。。。その一歩は?

こんばんわ^^就労移行支援事業所スリーエーサポートです。

とても暑い日が続きますね。夏の間は、汗の量も増えます。飲み物が多くなりますが、熱中症対策には塩分も必要だと言われています。お部屋の中にいらっしゃる時であっても、部屋の温度や湿度にはお気を付けてください。

さて、福祉事業所と言う普段は介護かな?と思われがちな事業所の事を綴ってみようと思っています。

福祉事業は、上にも書いてある通りですが、どなたでも利用される可能性のあるところですし、そう珍しいところではありません。ですが、わたくしたち就労移行支援事業所と言う事業所は、就労系と呼ばれる福祉事業所です。

この就労系と呼ばれる事業所には、簡単に3つの事業所があります。

①就労継続支援A型事業所
雇用契約を結び、働いた時間に合わせて給与が支払われている場合が多いです。

②就労継続支援B型事業所
雇用契約はありませんが、給与の代わりに工賃と言う名目で支払われているようです。

③就労移行支援事業所
わたくしたちは、この事業所になります。様々な事業所や機関と連携し、就労を最初の目的として、長い期間の企業への定着を最終目標としています。工賃は事業所によります(その有無は直接ご確認ください)


どの事業所からでも、就労を目指す事ができます。ご自身の目的や期間に合わせて利用されるのが一番です。
しかしながら、なかなかあった事業所が分からない場合は、「相談支援事業所」と呼ばれる、日中の通所施設や、現在の問題の把握などを一緒に面談を行いながらサポートをして頂ける事業所があります。

わたくしたちの事業所の属する岡崎市にも、たくさんの相談支援事業所があり、地域ごとに決まった事業所が存在しています。地域の担当事業所が分からない場合は、市役所や、社会福祉協議会へおたずねください。

最初の一歩には勇気がいります。大きな変化は不安があるかも知れません。そこを乗り越える事はあなたのタイミングが重要です。電話をするだけでも、今悩んでいることが解決へと向かう糸口になる可能性はあります。

何ができるか?何をしたいか?分からなくてもいいんです。それを相談する事が今できると思いませんか?

今日の投稿は、就労支援員の矢藤が担当しました。
就労移行支援事業所スリーエーサポート

  


Posted by スリーエーサポート │コメント(0)

2017年07月08日 01:05

就職がゴール?働くことを続けるゴールもいいですよね?

就労移行支援事業所スリーエーサポートです、こんばんわ。

七夕の夜、皆さまいかがお過ごしですか?生活の中で、余暇はとても大切だと思っていますが、皆さんはどうお過ごしでしょうか。仕事をすること、疲れた体を癒すこと、余暇を過ごすこと。どれも大切ですし、どこかその時間を取れない時は、疲れを感じたりすることもあるでしょう。私は人生を語るには早いかと思いますが、働いていく中で、休日があることの喜びと感謝があります。休日前の夜は楽しみでいっぱいですね。

話は変わりますが、事業所を利用されている方の訓練を見ていると、たくさんの努力を感じられます。

初めは慣れないながらも、指を動かすタイピングや、まだ知らなかったことが出来るようになった時のひとつひとつが、いつの間にか大きなステップをクリアしている方もいらっしゃいます。それは就職と言う目標があり、訓練に打ち込んでいる方であったり、例えそのステップがゆっくりであっても、就職を目指すことに変わりはありません。

スピードは、必要ではないと思っています。じっくりと、しっかりと歩みを進めること。小さなステップでも、やがて大きなステップとなっていく。そんな毎日を過ごすことで、ゴールを目指して頂けることが素晴らしいと思います。

土手を走るランナー

今は、目標が就職であるとするならば、もう少し先のゴールを目指すこともいいと思いませんか?

働き続けること、そんな毎日に体を休め、余暇を楽しむ。この毎日が楽しく感じられるゴールを知っている方々がいらっしゃいます。その支援をスリーエーサポートが一緒にステップを続けます。

働くまでがサポートではなく、働き続ける時、サポートをする。それが、私たちスリーエーサポートです。


本日の投稿は、所長 酒井が担当致しました。
就労移行支援事業所スリーエーサポート
就労移行支援事業所スリーエーサポートバナー
  


Posted by スリーエーサポート │コメント(0)

2017年07月07日 00:05

パソコンあれこれ ~オフィスで使うソフト編~

こんばんわ、就労移行支援事業所スリーエーサポートです。

今日は涼しい夜になり、過ごしやすいと感じています。こんな日が夏の間続くといいのになと思っています。お昼の間には、過ごしやすい気温ではないと思いますし、冷房と外の気温の差があって体の慣れも追いつかない日があるかも知れません。そんな時には、冷たく冷やした麺類がたくさん消費されているようですが、こんな時こそカレーライスなんていいなと個人的には思っています。

さて、まったく関係のないお話をさせて頂き恐縮ですが、先日記事に書かせて頂いたパソコンあれこれの、オフィス内でのソフトについて書いてみたいと思います。

皆さん、オフィスで使われるソフトでご存じのものはありますでしょうか?世代によって違いはあるかも知れません。しかし、主流はマイクロソフトと言う企業が作製した、マイクロソフトオフィスと言うソフトが主流であると思います。今はダウンロードしてパソコンに保存し、毎月支払いを行うことで使うことのできる、オフィス365と言うパッケージソフトになっているものがあり、個人で使われる場合には月単位で使うのに充分な価格であると思います。

オフィスと言うと少しわかりにくいので、エクセル、ワードと言い換えておきます。このソフトはマイクロソフトオフィスの中に含まれており、他にパワーポイントや、アクセスと言ったソフトがあります。

エクセルは表計算に強く、ワードは文章作成に長けている。得意分野が違いますが、使い方は多少違いがあるものの、共通して覚えられる機能があり、エクセルで作ったものをワードに張り付けてみたり、その逆も可能です。

簡単な家計簿やカレンダー作成ができるエクセル、それ以外の使い方もたくさんあり、出勤簿に利用したり、在庫管理に利用したりすることもできます。すべて工夫次第で様々な用途に対応することが可能なのもエクセルの良いところです。

ワードは、文章作成が得意分野ですが、表も作成することができます。その他に、掲示物に使う様な簡易なポスター、年賀はがきに印刷して使う文章や絵(イラスト等)の貼り付けもでき、従来ワードプロセッサと呼ばれた昨日をはるかに超える機能を備えたソフトです。

こんなソフトを使いこなして、事務職や総合職を目指してみたい!そんな方にはマイクロソフトオフィススペシャリストと言う資格試験を受験することをお勧めします。パソコンを使えますか?と言われた時に、目安となるレベルを示すのに、一定の基準になるだろうと思われる資格試験です。


こんな資格試験の訓練を行う事ができるのは、スリーエーサポートでの強みであり、分からないところは、自分のペースで訓練ができること。また、試験にいきなり臨むのは難しいな・・・そう思われる方には模擬試験をお勧めしていて、レベルアップを図れることも強みであると思います。

パソコンには、たくさんのソフトが存在しますが、どんな職場でもよく使われているソフトとして、必要不可欠だと思います。キーボードのタッチの練習、その後自分のペースを守り、支援員がベターなタイミングで模擬試験のカリキュラムへと入ります。どんな事をやっているか、見学に来てみませんか?

今日の投稿は、就労支援員の矢藤が担当しました。
就労移行支援事業所スリーエーサポート
就労移行支援事業所スリーエーサポートバナー
  


Posted by スリーエーサポート │コメント(0)

2017年07月06日 00:04

「人それぞれ」は働くを楽にする

こんばんわ、就労移行支援事業所スリーエーサポートです。

梅雨のこの時期にやってきたのは、台風3号でした。一度に大量の雨が降り、通勤も本当に難しい時もあるかも知れません。交通機関は、列車が止まったりすることもありますので、早めに通勤を試みることも必要かと思います。

さて、今日は人働くことを円滑にすると思える、考え方を柔らかくする言葉があります。

「人それぞれ」

これは、当たり前ですよと言われるかも知れません。人それぞれをずっと理解できる方はとても尊敬します。なぜなら、その当たり前を自分の中で消化しきれないかもと思うからです。今は、とても主観に基づいた書き方をしているせいで、人それぞれを消化しきれないのは私だけかも知れません。でも、そうは思いたくない私がいます。

「人それぞれ」は、良く言うとその方の意見を受容(受け入れられる)することではないかと思っています。その逆であれば、受容することが容易ではないと言うことになります。楽をしようと思えば、受け入れたような振る舞いをし、受容が容易ではない時は、目を背けたくなるような事もあるかも知れません。

たくさんの「人それぞれ」は、一人であればとても小さなことかも知れません。但し、人が集まれば「人それぞれ」も増えますので、少なくはない時間を割いて、「人それぞれ」の方向を一緒にすれば良いでしょう。

思い


そうすることによって、たくさんの力が得られると思います。「人それぞれ」から、「人と一緒に働く」。一人では考えない。きっかけづくりを日々行うことは当たり前になり、企業へと溶け込んでいく事は重要だと思います。

今日の投稿は、就労支援員の矢藤が担当しました。
スリーエーサポートのバナー
就労移行支援事業所スリーエーサポート


  


Posted by スリーエーサポート │コメント(0)

2017年07月04日 01:01

体は資本!毎日をすこやかに過ごしていくこと

こんばんわ、就労移行支援事業所スリーエーサポートです。

皆さんは、どんな毎日を過ごされていますか?

昼型でしょうか、夜型でしょうか、不規則な時はありますか?時間は人それぞれかと思います。皆さん時間は限られていますよね。

例えば、仕事によってはシフト勤務の方がいらっしゃるかも知れません。交代勤務の方もいらっしゃるのではないでしょうか?時間が少しずつずれていたり、朝から勤務、お昼から勤務、夜から勤務かもしれません。

そんな時間に対応していくためには、何が必要なのでしょうか?

ずばり!体です。・・・と、言ってもなんの事かよくわからないと思いますが、要は毎日健康に過ごす事が大事だと言うことです。

その健康に過ごすために欠かせない事は、かんたんに3つくらいは思いつくのではないかと思っていますがどうでしょうか?私が思いつくところは・・・

(1)三食の食事
(2)睡眠
(3)決まった活動(ここでは仕事や家事、学校とします)


今日は、この中で睡眠について特に注目していきたいと思います。

睡眠は、1日に6時間~7時間程度眠ると「だいたい」ちょうどよいとされているようです。しかし、3時間程度でも大丈夫!と言う方もいらっしゃれば、9時間以上眠らないと寝た気になれないと言われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?ここ最近聞いた話では、起きた直後に朝日を浴びる習慣(脳が朝であることを確認できるように)があると、昼型の生活が根付きやすいのではないかと言われているそうです。




特に、朝起きてから3時間~4時間の間に眠気が特に激しいようでしたら睡眠をもう一度見直してもよいのではないかと思います。もう少し長めに眠るために、早く寝ることを心がけてみたり、日中の活動を少し増やしてみることはやってみる価値はあるのではないかと思っています。
勿論、すべての人にあてはまるわけではないですし、毎日の生活リズムを調える為に、何かを試すことは必要であると思います。

睡眠は、毎日約3分の1程度は消費する時間です。ずっと同じ時間となるのであれば、一生の3分の1は眠っているわけですから、睡眠は重要なのではないかと考えます。

また、お休みの日であっても、お休みの前日には夜更かしをしない、お休み当日には寝だめをしないなど、できれば生活のリズムは保ったまま毎日を過ごすのがベターなのではないでしょうか。

(※)睡眠については、それぞれの方にあった考え方が必要かと思います。寝付けない、途中で起きてしまう、睡眠が思ったよりよくないなどの場合は、専門医に相談してください。

今日の投稿は、就労支援員の矢藤が担当しました。
就労移行支援事業所スリーエーサポート
就労移行支援事業所スリーエーサポートバナー
  


Posted by スリーエーサポート │コメント(0)